FC2ブログ

ハートキャッチいずみちゃんファンブログ

名作「ハートキャッチいずみちゃん」を中心とした遠山光先生の作品を扱うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハートキャッチいずみちゃん 読切作品2

まゆりちゃんセンセーション!!
【あらすじ】
人気絶頂アイドル姫野まゆり
彼女と同じ学校に通う青山稔は、まゆりの狂信的なファンであり、ある日公衆の面前で一方的に愛を告白する。
この事件はワイドショーで報じられ、学校中に知れ渡ってしまった。稔の親友である渋谷は、呆れながらも彼女に迷惑をかけているからと諭すが聞き入れる様子はない。
一方のまゆりは、改めて稔に拒絶する旨を伝えに稔のクラスを訪れた。
だが稔は不在で代わりに渋谷が応対する。
渋谷によれば稔は重い病を抱えていて、通院のため早退したらしい。
手術しても好転しないとまできかされたまゆりは「重い…持病…?」と衝撃を受ける。
アイドルとしての仕事をこなす傍ら、稔の病状が気になりだすまゆり。
稔のプロポーズもきっと余命を考えてのことだろうと考えはじめ、雑誌のインタビューでマネジャーの制止を振り切り「彼は真剣にプロポーズしたんです」と口にしてしまう。
当然マスコミは大騒ぎになり、報道はますます過熱。当の稔はまゆりへの思いが通じたと喜んでいたが、そこへまゆり本人が教室をまた訪れてきた。
屋上に移動して二人きりになると、まゆりは渋谷から病気のことを聞いたと打ち明ける。稔は渋谷の口の軽さに激怒するが「わたしが無理に聞き出したんだから」とまゆりは渋谷をかばうので苦笑いしながらも矛を収める。
取り留めもない話をしながらも、まゆりは稔の余命を少しでも安らかなものにしたいと「今度の日曜はオフなの」と告げる。
だが稔はまゆりの真意が読み取れず首をかしげる。
肝心な時に絶望的な鈍さを見せる稔に、やり取りを覗き見ていた渋谷やクラスメートは見かねて「それはデートの誘い!!」と総出でツッコむ。
そして日曜日。二人は結局動物園デートをすることになった。稔はまゆりが意外とフツーの性格であることや料理がかなりヘタなことなど、アイドルらしからぬ一面を見せられ不思議と安堵する。
楽しい時間が流れていたが、突然稔が顔色を変えて倒れ込む。
しばらく休んで元気を取り戻した稔だったが、まゆりは気が動転して泣いてばかりいる。
別れ際に「頑張って生きて」と涙ながらに稔を抱きしめるまゆり。アイドルに抱きつかれた稔だったが、喜ぶどころか困惑の表情を浮かべる。
翌日、渋谷に「何か彼女誤解してないか?」と問い詰めるが「それだけお前の体を案じているんだ」と渋谷は意に介さない。
そこへマスコミが押しかけ、稔と渋谷を車に乗せるとテレビ局内の大きなスタジオに連れ込んでしまった。
二人は「青山稔・姫野まゆり婚約会見」と書かれた横断幕を見て絶句する。
そこへまゆりが現れ、稔の下へ歩み寄る。まゆりは「今もあなたは病魔に…」と口にしたので記者たちは騒然となる。稔に矢継ぎ早に病気のことや余命について質問を投げかける。
そのあまりに露骨な質問内容にまゆりは慌てて稔に寄り添う。
その時稔の表情がまた苦悶に歪む。
発作と思ったまゆりは稔を支えようと手を添える。
稔がつぶやいた。
また痔が痛み出した…
癌だとばかり思っていたまゆりは大混乱。稔もやがて全ての元凶が渋谷にあると悟り、二人は渋谷を問い詰める。
「ぼくは重い痔病と言っただけ、かってに彼女が誤解した」と居直る渋谷。
結局記者たちはドン引きしてしまい、スタジオ内の空気は最悪のものに。
この一件でまゆりはアイドルとして致命傷を負ったと思われたが、意外にも「ドジっ娘」が世間に受けこれまで以上に人気者になってしまった。
再びまゆりを高嶺の花としてしか見れなくなってしまった稔は、屋上で渋谷と過ごしていた。
渋谷は、稔を見捨てたとまゆりのことをさんざんにけなしていたが、そこに渋谷に強烈な一撃を喰らわせながら当のまゆりが現れた。
校舎裏に移動し、二人きりになった稔とまゆり。あの婚約はなかったことにとまゆりから告げられた稔は、意外と冷静に受け止める。
まゆりは「時間をかけてお付き合いしたら、きっとうまく…」と付け足す。
またしてもまゆりの真意が読み取れず、首をかしげる稔。
今度は、彼女の気持ちを代弁してくれる渋谷はいない。
「あ~っもう!!にぶいなー!!」とまゆりはいら立つしかないのだった。
09-05 Blog


【レビュー】
これでもずいぶん端折ったんですけどね。
ページをめくっていると、突然かなり初期の絵柄が登場するんでびっくりです。
それもこれも急に「いずみちゃん」の連載を打ち切って「胸キュン」へ移行しまったからなんでしょうねぇ…
ただ、ヒロインまゆりの性格は結構好きです。
あとトリックスター的な渋谷くんも。なんだかんだで面倒見が良くて、イイ奴ですよね、彼。
ストーリーは…まぁ今なら稔はただのストーカーですね。
時代の差を感じました。
スポンサーサイト

≪ ハートキャッチいずみちゃん 読切作品3ホームハートキャッチいずみちゃん 読切作品1 ≫

Comment

いつも読んでます!

いつも楽しく読んでます。

いずみちゃん主人公の話が、後半特に少なくなって
管理人さんのレビューにうなずいていました。
銀行強盗や腹踊りなど、いずみちゃん主人公のエッチな話をもっと読みたいですね。

Re: いつも読んでます!

コメントありがとうございます。
実は9巻が最終巻と知らぬまま、初めて買った単行本でした。
ドキドキしながらページを開くとわずか3話で終わり「うそーん」となった思い出があります。

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

アクセス数

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

たんぽぽ丸

Author:たんぽぽ丸
ようこそお越しくださいました。
ハートキャッチいずみちゃんを中心とした遠山先生(御大)の作品紹介をしています。
リンクフリーですが、ご一報頂けると幸いです。

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。