FC2ブログ

ハートキャッチいずみちゃんファンブログ

名作「ハートキャッチいずみちゃん」を中心とした遠山光先生の作品を扱うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おてやわらかにぴんく!!第17話

ぴんく、田舎へ行く

裕也ぴんく、それに桜井泉谷も加えた4人が裕也の祖母が暮らす田舎に避暑に来ていた。
そこでぴんくは着物姿で鈴を着けた女の子と出会う。だが裕也の祖母は一人暮らしで女の子などいないと言う。
翌日、川魚獲りに出向いた一行だったが、ぴんくは魚を獲って正体がばれることを恐れた裕也に、川に入らないよう厳命されていた。
ひとり退屈していると、昨夜の女の子を見かけたので、声をかける。女の子はユキと名乗り、一緒に遊び、また裕也たちよりも凌駕する量の魚を捕まえて戻ってきて、裕也を驚愕させた。
その夜、ぴんくと祖母がアルバムを見ていると、かつて祖母が可愛がっていた猫の写真を見つけた。その猫の首輪になぜか見覚えのあるぴんくだったが、思い出せない。
祖母と別れて縁側に出ると、またユキが現れてぴんくをホタル狩りに誘い出した。
ホタルを見て驚きながらも興奮したぴんくはついユキの目の前で耳としっぽを出してしまう。
当然ユキは驚くが、その時ぴんくが足を踏み外して古井戸に落ちてしまった。
一方ぴんくがいないことに気づきながらも、ぴんくの危機など知る由もない裕也たちだったが、その前にユキが姿を見せる。見ず知らずの少女の登場に驚く一同だったが、祖母は、ユキの鈴を見るなり、即座にその正体を察し、案内するかのように無言で走り去ったユキの後を追うよう裕也を追い立てる。
やがてユキに古井戸まで案内された裕也たちはぴんくを発見し、無事救出。
それを見届けたユキはぴんくに「楽しかった」と言い残して姿を消し、後には鈴だけが残った。
祖母はその鈴を拾い上げ、かつて飼っていた猫のユキがそばにいてくれたのだと喜んだ。
翌朝、帰る裕也たちを祖母が見送りに来てくれたが、ぴんくと裕也は祖母に寄り添うユキを見て安心するのだった。
P17.jpg

【レビュー】
ちょっとイイ話…なのかな?ぴんくという珍妙な生き物がいる以上、猫の守護霊なんざ霞んで見えますね。何か違和感あるなあと思ったら、珍しくほぼぴんく目線で進んでいるお話です。いつもは裕也目線が多いですから。あまりバタバタしてないのもいいのかも。
あと、裕也はぴんくの正体露見を恐れて川に入らせませんでしたが、少なくとも変身を解かずに大量に魚を持って来たってことは杞憂だったということになります。だってユキがぴんくの正体を知ったのは夜のことですから。
それとこれをやったのは編集者でしょうが、余白ページにぴんくとゆきを別々のコマからくり抜いて無理やりツーショットイラストを作ってます。これがまたカラー(あるいは二色?)原稿のぴんくとモノクロ原稿のユキから抽出しているので、違和感が尋常でないです。
センスないなぁと思いました。
スポンサーサイト

≪ おてやわらかにぴんく!!第18話ホームキャラクター紹介【新日本女子プロレスのみなさん】 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

アクセス数

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

たんぽぽ丸

Author:たんぽぽ丸
ようこそお越しくださいました。
ハートキャッチいずみちゃんを中心とした遠山先生(御大)の作品紹介をしています。
リンクフリーですが、ご一報頂けると幸いです。

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。