FC2ブログ

ハートキャッチいずみちゃんファンブログ

名作「ハートキャッチいずみちゃん」を中心とした遠山光先生の作品を扱うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おてやわらかにぴんく!!第15話

ぴんくと予防注射

居候で従兄弟の寅彦ぴんくに予防注射を受けるよう勧めたので、裕也はぴんく(猫モード)を連れて寅彦が通う下板橋畜産大学にやってきた。
注射をいやがるぴんくは暴れて抵抗するので、寅彦がマタタビを嗅がせると、ぴんくは酔っ払って動けなくなった。
それでもぴんくは逃げようとした這い回ったので、注射の準備をしながら捕まえようとした寅彦は誤って、ぴんくのしっぽに注射してしまった。
激痛に耐えながら、ぴんくは部屋を抜け出し、変身が他者に見られないよう空き部屋に飛び込む。
やがて人の姿になったぴんくは、素っ裸でマタタビの余韻を楽しんでいたが、とりあえず何か着ようと手近にあった水着を身に着ける。
そこに人がやってきて「審査が始まるから」とステージに連れ上げてしまった。
折りしも大学は五月祭の最中でぴんくはコンテストの参加者と間違われてしまったらしい。
そこへ裕也と寅彦が会場に現れ、ようやくぴんくを見つける。
マタタビの効果が抜けないぴんくはいつもにも増して珍妙奇天烈な行為を繰り広げ、酔った勢いでぴんくは水着を脱ぎ始める。
当然男子学生は大喜びだが、見かねた裕也がステージにあがり、ぴんくを連れ戻そうとするが、注射されると怯えるぴんくはその場を逃げ出す。
だがコンテスト会場の出口近くで大きなケーキにぶつかり、クリームだらけになったぴんくだったが、そこに大勢の犬がやってきた。犬を追ってきた寅彦によれば診察室から逃げ出したものらしい。
犬の存在を知り、酔いが一気に醒めたぴんくは怯えてその場で動けなくなった上、その恐怖から変身が始まってしまった。
ぴんくの危機を察した裕也は、近くにあったブレーカーを落として会場を暗くすることで危険を回避。
照明が戻ったころには、猫のぴんくを抱えて裕也は悠然と会場を後にしたのだった。
P15.jpg


【レビュー】
実はタイトルにするほど予防注射って関係ないんですよね。結局注射されてないし
裕也と行動をともにしていた寅彦が、一瞬で診察室から犬を引き連れて戻って来たのはちょっと疑問ですが、まあいいか。
そういえば予防注射って獣医師免許いるんじゃなかったっけ?
ってことは寅彦、やはり相当優秀な理系学生だなぁ…見た目はアレだけど。
スポンサーサイト

≪ おてやわらかにぴんく!!第16話ホームおてやわらかにぴんく!!第14話 ≫

Comment

頭かいてるポーズがなんともエロいw

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

アクセス数

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

たんぽぽ丸

Author:たんぽぽ丸
ようこそお越しくださいました。
ハートキャッチいずみちゃんを中心とした遠山先生(御大)の作品紹介をしています。
リンクフリーですが、ご一報頂けると幸いです。

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。