FC2ブログ

ハートキャッチいずみちゃんファンブログ

名作「ハートキャッチいずみちゃん」を中心とした遠山光先生の作品を扱うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おてやわらかにぴんく!! 第11話

ぴんくのバレンタイン

結局、ぴんくは置手紙一つでプロレス団体を抜け出して大海寺家に戻ってしまった。
パートナーの山崎弥生は察しはついていたが、もう深追いはせず、慌てるコーチを見守るのみだった。
猫姿で学校に潜り込んだぴんくは、裕也を見つけ、一方の裕也は慌ててぴんくを学生服に潜ませてどこかに隔離しようと教室を抜け出す。
そこへ杉本真奈と出くわした。ぴんくのしっぽが服からはみ出ているのを見つけ、自分にくれるものだと勝手に解釈ししっぽをいじり倒す。
そのショックで変身モードのスイッチが入ってしまい、慌てて裕也は真奈から逃れて空き部屋に入るが、後を追ってきた真奈に裸のぴんくと絡み合っている図を目撃されてしまう。
当然真奈は激怒。ぴんくもまた真奈が気に食わないため、二人は一触即発になってしまう。
これまでのぴんくの言動から、真奈はぴんくが料理など作れるはずがないと推し量り、また今日がバレンタインデーであることも踏まえてチョコレート勝負を提案。ぴんくも深く理解しないまま承知してしまう。
調理実習室で対決が始まったが、真奈の予想どおりぴんくはチョコの作り方など理解できず、調理器具を放り出して、裕也を探してどこかに行ってしまった。
すべて思い描いたとおりに進み、ほくそ笑みながらも、そんな策をめぐらす自分に多少の自己嫌悪に陥る真奈だったが、それでも着々とチョコ作りを進める。
一方ぴんくは物陰で裕也が「ぴんくは味覚はひどいが、大切なのは味よりも愛情だと思う」と泉谷に語っているのを耳にした。
ひどい料理でも、裕也は待ってくれていると悟ったぴんくは、再び調理実習室に戻り、懸命にチョコを作り上げた。
形はそれぞれハートだが、ぴんくと真奈の力量差は歴然としていた。
裕也はぴんくのチョコを口にし、変な風味に顔をしかめる。聞けばカツオ節が入っているという。
それでも裕也はぴんく汚れだらけのエプロンを見て「慣れれば旨い」と評価した。
驚いた真奈をはじめ、泉谷や桜井もぴんくのチョコを口にし「裕也は味覚がおかしい」と大ブーイング。
裕也に認められ、すっかり気を良くしたぴんくは、このチョコをプロレス仲間に振る舞ってやろうと宣言した。
その気配を察してか、遠く離れたジムでは、弥生以下全員が妙な悪寒に襲われるのだった。
P11.jpg


【レビュー】
なんという自然な舵取り。よほど不人気だったのか、わずか数コマでプロレス話から通常モードに戻ってしまいました。まぁいいけど。
そして真奈の再登場。別人のようです。というか、これ桂木先生では?うん、でもこの風貌嫌いじゃないです。こっちの舵取りは正解。
そしてこれから頻繁に始まる裕也をめぐるぴんくと真奈の鞘当て。管理人的には天然も猫も好きではないので、真奈派なんですが、まあライバルキャラの宿命…いつも真奈優勢でことを運びながら、最後はうやむやにされてしまうのはしょうがないんでしょうねぇ。
スポンサーサイト

≪ おてやわらかにぴんく!! 第12話ホームおてやわらかにぴんく!! 第10話 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

アクセス数

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

たんぽぽ丸

Author:たんぽぽ丸
ようこそお越しくださいました。
ハートキャッチいずみちゃんを中心とした遠山先生(御大)の作品紹介をしています。
リンクフリーですが、ご一報頂けると幸いです。

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。