FC2ブログ

ハートキャッチいずみちゃんファンブログ

名作「ハートキャッチいずみちゃん」を中心とした遠山光先生の作品を扱うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おてやわらかにぴんく!! 第10話

ぴんくの初詣

ぴんく弥生のコンビ、ワイルドエンジェルズとデビル笹身率いるデビル軍団の対立が新聞紙上を賑わす中、コミッショナーコーチがぴんくを詰問していた。
内容は女子プロレス界ではタブーの男の存在。要は裕也の存在は彼らには邪魔らしい。
そこで一週間休みを与えるから、その間に別れてこいとコミッショナーが提示してきた。
とりあえず休みがもらえると目先のエサに食いついたぴんくは、上機嫌で大海寺家に戻る。
大晦日、裕也が一人夕飯のカップ麺をすすっていると、そこにぴんくが現れた。
すっかりテンションが上がって裕也に抱きつき、裕也も喜ぶが、その一部始終をばっちり同行した弥生に見られてしまった。
その夜、裕也はぴんくと自分の間に産まれた大量の子の子守をさせられる悪夢を見た。
その子たちは徐々に耳を尖らせ、半人半猫の姿で裕也にまとわりつく。
ひどい初夢だったと起き上がった裕也の横に安心して眠るぴんくがいた。
元旦を迎え、初詣に三人で行くこととなったが、ぴんくは晴れ着を初めて着れたので大はしゃぎ。
弥生に「別れる話はいつ切り出すんだ」と小突かれても、「そんなの知らない」と意に介さない様子。弥生は呆れ顔ながら、かといってぴんくの心情も理解できるので、それ以上は何も言わない。

神社への参道はすごい人ごみで、時間がかかりすぎると判断した裕也の案内で裏道から入りなおすが、弥生とはぐれた上、間違えて裏手の小さな祠の前に出てしまった。
ここでいいとぴんくが言うので、二人はこの祠でお参りを済ませる。
ぴんくは、時間が止まればいいと祈ったという。裕也との時間を一分一秒でも多くすごしたいという。
そんな様子を見て、裕也はぴんくをいとおしく思い、抱き寄せようとするが、そこにはぐれた弥生が合流したので、慌ててお参りをここで済ませたと報告する。
だが、弥生は眉をひそめて「ここは安産の神様だ」と告げる。
ぴんくは大喜びするが、裕也は夢のことを思い出してしまうのだった。
P10.jpg


【レビュー】
はぁ…なんつーかこのコミッショナー、温厚そうな顔して、大層横暴なことをぴんくに指示します。結局はおゼゼなんでしょうねぇ。
夢の中で「今年は丑年」というセリフがあります。え~と…つまり1985年か…時間の流れは残酷です。それはそれとして、狙ったわけではないですが、新年一発目の更新がお正月ネタとかぶっちゃいました。
ところでぴんくの着物を着付けたのって誰なんでしょ
弥生は玄関で初めて着物姿を見たようですし…まさか今日の今日で美容院は予約取れないでしょうし…裕也が着付けたのかな?彼なら家事全般小器用だからあり得るな。
スポンサーサイト

≪ おてやわらかにぴんく!! 第11話ホームおてやわらかにぴんく!! 第9話 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

アクセス数

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

たんぽぽ丸

Author:たんぽぽ丸
ようこそお越しくださいました。
ハートキャッチいずみちゃんを中心とした遠山先生(御大)の作品紹介をしています。
リンクフリーですが、ご一報頂けると幸いです。

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。