FC2ブログ

ハートキャッチいずみちゃんファンブログ

名作「ハートキャッチいずみちゃん」を中心とした遠山光先生の作品を扱うブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おてやわらかにぴんく!! 第1話

はじめまして!ぴんく

強い雨に追い立てられ、自宅に戻った高校生大海寺裕也と隣人で幼馴染のむつみ
むつみと別れた後、裕也は自宅の郵便受けに捨てられていたピンク色の毛をした子猫を拾う。
食べ物を与え、泥だらけの身体を洗ってやりながら、裕也は子猫にその毛色からぴんくと名づける。
直後にむつみが借りていたレコードを返しに裕也を訪ねてきた。
裕也の家族は、父の仕事の都合で裕也だけを残してカナダで生活しており、彼は一人で生活していた。
そんな裕也をむつみも何かと気遣い、家事などを手伝ってくれている仲だった。
裕也がむつみを出迎えに行き、風呂場に取り残されたぴんくは、一匹でうろついているうち、しっぽを倒れてきた風呂の蓋に挟んでしまう。
すると、ぴんくの体に異変が起き、なぜか人間の少女に変身してしまった。
いいもの(子猫)を見せてやるとむつみを案内する裕也だったが、そこに素っ裸でいるナゾの少女を発見。
幸いむつみには見つからなかったので、驚きながらも裕也はその場を取り繕い、むつみを追い返す。
裕也を「ご主人さま」などと呼ぶなどぴんくの訳のわからない会話を受け、パニックに陥りながらも裕也は服を着るよう促す。
妹の服を提供したが、先ほどまで猫だったぴんくが服など着こなせるわけがなく、大騒ぎ。
何とか服を着せるところまでいったものの、その騒動を窓越しに見ていたむつみは、裕也が女を連れ込んでいると察し、夕飯を作りにきたと再び大海寺家に乗り込んできた。
裕也はぴんくを隠し必死にごまかし、夕飯作りに向かわせて一応の危機は乗り切ったものの、後をつけてきたぴんくが料理酒を飲み始め、すっかり悪酔いしてしまう。
挙げ句の果てに酔ったぴんくのせいで、裕也はむつみのスカートをずり下ろし、ぴんくの正体も露見、酔いの覚めやらぬぴんくは服がじゃまだとむつみの前で脱ぎだし、結局むつみは激怒。
自宅に引き上げてしまったのだった。
慌てて後を追う裕也、ぴんくはむつみが残していった焼き魚を頬張ると、元の子猫に戻ってしまった。
結局ナゾの少女「ぴんく」を見失った裕也だったが、彼が寝入った横に再び人間姿のぴんくが現れ「ご主人さま」と添い寝するのだった。
P01.jpg

【レビュー】
さて、はじまりました、おてやわらかにぴんくのレビューですが、何から書けばよいのやら。
正直なところハートキャッチいずみちゃんほど熱意を持てるわけでもないし、胸キュン刑事ほどツッコミまくるような作風でもない(というか現実味が希薄な世界観だからツッコんだら負け)。
できるだけ、かる~く、てきぱきと進めたいと思います。
講談社版の単行本には実はサブタイトルがありません(復刻版で後付け)。
掲載誌がマガジンSPECIALという性質上、毎回読み切りに近いようなスタンスだったのではないかと推察します。
実際どこから読んでもそう困ることもないし、設定なんか矛盾だらけです(ま、それは他の作品にも共通しますが)。
その煽りを受けたのが裕也の幼馴染、むつみです。たったこれだけで出番終了。
マリアン松本に似た風貌は結構好みだったんですが。
スポンサーサイト

≪ おてやわらかにぴんく!! 第2話ホームおてやわらかにぴんく!! あらすじ&レビューはじめます ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

アクセス数

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

たんぽぽ丸

Author:たんぽぽ丸
ようこそお越しくださいました。
ハートキャッチいずみちゃんを中心とした遠山先生(御大)の作品紹介をしています。
リンクフリーですが、ご一報頂けると幸いです。

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。